イベント/セミナー

Event, Seminar

イベント/セミナー詳細情報

日本の医療制度の歴史(中世編~奈良時代から江戸時代まで)

受付終了
一般公開医療者介護学生
開催日時 2020/07/15(水) 19:00
~ 2020/07/15(水) 21:00
開場・受付時間:18:30~
主催者 特定非営利活動法人 医桜
会場名 WEB開催
開催地住所 東京都北区滝野川5-41-3-6F
募集期間 2020/06/18(木) ~ 2020/07/15(水)
イベント詳細 真夏の恒例、日本の医療制度の歴史です。
今回は全3部作。オンラインセミナーになります。

第1部 中世の日本の医療制度(奈良時代~江戸時代)
    https://www.facebook.com/events/196072934971481/
第2部 近世の日本の医療制度(明治時代~昭和時代:戦中)
    https://www.facebook.com/events/288973805805376/
第3部 現代の日本の医療制度(昭和時代:戦後~令和時代)
    https://www.facebook.com/events/259889235345450/

第1部は中世になります。
申込はこちら
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01cxf6111e40q.html

「医療制度」ですので、歴史の上での医療制度をおっていくと、大宝律令まで遡る事ができます。奈良時代ってどんな医療制度なの?という、1300年前からスタートしていきます。
ついで「平安時代」の医療制度。
この時代の医療制度は「仏教」と密接に関係します。
当時の仏教は、最先端の科学でもありました。どんな制度だったでしょうか?

そして武家のこ時代に突入。
鎌倉時代、室町時代に。
暴力が支配するマッドマックスな日本の中世戦国時代でどのように医療制度が変遷したのか?

そして、中世のクライマックス。
300年の太平を誇る江戸時代の医療制度です。
医療制度らしい制度がないですが、医療の文化が形成された時期になります。籠医者に徒歩医者といった「往診」を中心とした医療の形成や神医と言われるお医者さんが登場します。
けっこう江戸時代って、当時の最先端医療をやっているんですよね。(ごくごく一部ですが)

たぶん、仕事にはまったく影響のない、知っていても役に立たないですが、ちょっとだけ医療が好きになれるセミナーになる予定です。

講 師:溝口博重(株式会社AMI&I 代表取締役)
参加費:2000円(3回全部参加する人は、全部で5000円)
備 考:録画しますので、動画視聴可能(時期限定あり)
    資料(PDF)の事前配布あり
申 込:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01cxf6111e40q.html
連絡先 info@izakura.jp キャンセルの連絡、問い合わせはこちらまで
03-5980-7312