イベント/セミナー

Event, Seminar

イベント/セミナー詳細情報

第39回地域包括ケアをしっかり勉強する会~ソーシャルインパクトボンドと地域包括ケア~

受付中
一般公開医療者介護学生
開催日時 2019/10/08(火) 19:15
~ 2019/10/08(火) 21:00
開場・受付時間:18:45~
主催者 NPO法人医桜
会場名 北とぴあ 701会議室
開催地住所 東京都北区王子1-11-1
募集期間 2019/08/01(木) ~ 2019/10/07(月)
イベント詳細 第39回地域包括ケアをしっかり勉強する会は、ソーシャルインパクトボンドについて、溝口博重氏に講演をいただきます。

ソーシャルインパクトボンド(SIB)とは、官民連携の手法の一つです。簡単に言えば、行政がやると効率が悪いし、成果が出にくいので、下記のような感じで

1)予め、その事業の予算と目標を決めておく
2)民間企業が手挙げして、目標達成に頑張る
3)成果度合に応じて、支払をする

といった、成果連動型委託契約の手法になります。
イギリスからスタートした、この取組ですが、日本でも2015年からスタートし、チラホラ取組が始まっています。なんか、イギリスとかと違う気がしますが。

とはいえ、ソーシャルインパクトボンドは、高齢化が進んでいる日本社会に於いて、非常に有意義な取組であり、正しく理解して取り組めるのであれば、かなりメリットがあると思います。
という訳で、ヘルスケアソーシャルインパクトボンド研究会の代表を務める、溝口博重さんにSIBについて、明瞭簡潔に説明してもらい、その理解を深めましょうというのが、今回のテーマになります。
我が国において、医療介護福祉は、行政との関係性が強く、そういう意味では、一つの武器として、ソーシャルインパクトボンドを知っておくことは決して、現場のみなさんにとってもマイナスではありません。
一緒に勉強をしましょう!

ソーシャルインパクトボンドに関する情報
https://www.sib.k-three.org/


講 師:溝口博重(NPO法人医桜、ヘルスケアソーシャルインパクトボンド研究会)
参加費:500円(+知的好奇心)
連絡先 info@izakura.jp キャンセルの連絡、問い合わせはこちらまで
03-5980-7312