イベント/セミナー

Event, Seminar

イベント/セミナー詳細情報

医師の働き方シンポジウム〜残業2000時間/年!? 医師のワークライフバランスについて、臨床現場の声を集めてみた~

受付終了
一般公開医療者介護学生
開催日時 2019/02/16(土) 16:00
~ 2019/02/16(土) 19:00
開場・受付時間:15:30~
主催者 特定非営利活動法人医桜
会場名 駿河台記念館
開催地住所 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
募集期間 2019/01/28(月) ~ 2019/02/15(金)
イベント詳細 医師の働き方「改革」だったはずでしたが、現状の労働時間を維持しようという方向で厚労省案が出てきました。

実際問題、月150時間超の残業をしている勤務医の先生方がいる事は承知しています。しかし、それはけっこうギリギリのラインで働いているのであって、それを構造的に解決していく必要があります。

過労で亡くなる方が社会問題なる事も少なくなく、今回の年2000時間の残業については、一般市民の方からも「いくら何でも、それはないのではないか」といった声も聞こえてきています。

そこで臨床現場で、やっぱり長時間労働は大変だし、医療の安全性という観点からも問題があるし、医師の偏在が社会問題である事を認めた上で、地方でもどのように医療提供をしていくのか、を医療者も一般市民も一緒に考える場を作ろうと、今回のシンポジウムを企画させて頂きました。



詳細は後日正式に発表しますが、下記の構成を予定しております

1)法律の立場から(弁護士)
2)産科医の取組から(産科医)
3)これから師になる医立場から(医学生)
4)女性のWLBを考えて(女性医師)
5)海外の医師就労状況

また当日、会場参加の皆様からもリレートーク方式でコメントを頂ければと思います。

加えて、これから準備をしますが、現役勤務医の方、かつて勤務医で今は開業医の方、一般市民の方から、医師の長時間労働について一言モノ申す、メッセージを集めたいと思います。

医師の働き方「改革」をして、医師でもあっても、ちゃんとした人間らしい生活ができる環境を創っていく事が、日本の医療を守る事になりますし、何より、我々の健康をサポートしてくれる医師をはじめとした医療者の皆さんに対する一番の取組だと思っております。

NPO法人医桜では、10年前から日本の医療の質の向上をテーマに活動をしておりますが、是非とも医師の常態化している長時間労働を解消して、医師のWLBの実現させ、しっかりとした環境下での医療提供をできる事を目指したいと思っております。

運営の人手不足もありますので、お手伝い頂ける方もおりましたら、お声がけください。。

日 時:2019年2月16日(土)16時~18時
場 所:中央大学 駿河台記念館
参加費:500円(会場費)
事務局:NPO法人医桜
後 援:全国医師ユニオン

呼びかけ人(詳細はマテ)
連絡先 info@izakura.jp キャンセルの連絡、問い合わせはこちらまで
03-5980-7312