イベント/セミナー

Event, Seminar

イベント/セミナー詳細情報

海外医療制度を勉強する~1st イギリス医療制度勉強会(4回目!)~

受付終了
一般公開医療者介護学生
開催日時 2019/02/12(火) 19:00
~ 2019/02/12(火) 21:00
開場・受付時間:18:30~
主催者 特定非営利活動法人医桜
会場名 北とぴあ
開催地住所 〒114-8503 東京都 北区王子1-11-1
募集期間 2018/12/29(土) ~ 2019/02/11(月)
イベント詳細 大人気海外医療制度勉強会シリーズ!
イギリスは、これで4回目!
2月は連続開催!

02/12(火) イギリス医療制度
https://www.facebook.com/events/371986740203466/
02/14(木) フランス医療制度
https://www.facebook.com/events/552079535273757/
02/15(金) ドイツ医療制度
https://www.facebook.com/events/340047763460746/


海外医療制度を勉強するシリーズ!
第1回イギリス ← 今回はここ
第2回フランス
第3回ドイツ
第4回アメリカ
第5回中国
第6回その他(インド、シンガポール、オランダ、ベトナム)

といった感じで、しばらく定期的に海外医療制度についての解説及び勉強会を開催します。情報をアップデートしたので、それを共有する勉強会をしたいな、と思いました。
こんなに参加者希望を頂けるとは、想定外でした。
ただ会場的に厳しいので、そろそろ参加が難しいレベルです。ご了承頂ければ幸いです。


第一弾は、みんな大好きNHS!
英国医療制度について勉強をしたいと思います。

ご存知、元祖かかりつけ医制度であるGP。
ゲートキーパーからゲートオープナーへ、といった話もするにはしますが、基本的には歴史からやります。なので、今の英国医療制度だけ勉強したいという方には不向きかもしれません。
そもそも医療制度と社会形成はリンクしているので、それらをもう一回整理して、歴史を流れで勉強をしたいと思います。
といっても、そんな昔からではなく、第2次世界大戦後からやろうと思います。

第2次世界大戦終了後からのNHSの取組、コンセプトから、医療崩壊まで。サッチャー、メージャーの時代ですね!
どのような医療改革をして、現在に至ったのか。
英国医療制度の根幹部分。ブレア、キャメロンの改革の話ですね!

あとは現在はどうなっているのか、また特徴的な取組などについて触れたいと思います。英国の医師養成や専門医など、医療関係のルールについて勉強をしたいと思います。

これに参加しないと、次回以降の他国の医療制度で、ちょっと理解できない事があるかもしれません。ドイツ、フランスの医療制度改革にも、英国医療制度は関わってきますので、けっこう大事です。

英国医療制度は、税金制なので、日本の社会保険制度とは異なり、国の権限が超強いです。なので、制度設計も明確なコンセプトと役割がハッキリしています。
そういう意味では、医療制度の勉強をする場合、日本からスタートするより、英国からスタートして、社会保険制度との比較をすると、非常に理解ができます。
海外の医療制度なんて、意味なくね?という趣もありますが、個人的には非常に参考になる部分もあり、学ぶべきポイントや示唆する点は多いのではないかと感じています。

是非ご興味ある方、ご参加ください。

場 所:北とぴあ 802会議室
講 師:溝口博重(NPO法人医桜 代表理事)
参加費:2000円+名刺を一枚頂ければ幸いです(悪用はしません)
定 員:54名
懇親会:希望者はコメントを
連絡先 info@izakura.jp キャンセルの連絡、問い合わせはこちらまで
03-5980-7312